便秘が非常に恐い病気を引き起こす原因となっている

便秘が非常に恐い病気を引き起こす原因となっている

便秘が非常に恐い病気を引き起こす原因となっている

やっぱり便秘って嫌ですよね。私も便秘気味の時が長くありました。

 

でもいつの間にか、解消されたんです。考えても増したが、二つ思い当たることがあります。
一時は会社の健康診断で一時検査で引っかかり、胃カメラを飲む羽目になったんです。

 

理由は胃カメラ後にわかりました。便秘により、胃の壁を圧迫する、胃壁外圧迫という名前の病気だったように思います。

 

それくらい便秘が酷かったのでしょう。自分では、あまり深刻に考えていなかった便秘ですが、実は、身体の中では異変が起こっていたのですね。
それ以来、少し気にするようになりました。しかし、それで便秘が解消されたわけではありません。

 

おそらく、ヨーグルトと運動でしょうか。今やヨーグルトはスーパーやコンビニに行くと、たくさんの種類が並んでいます。
美味しくなったからかもしれませんが、よく食べるようになりました。

 

いろんな果物が入っていて、アロエなんておいしいですし、何杯でも食べれちゃう。そんなこともあって、毎日でも食べれちゃうんです。
そして、今では毎朝食べるものになりました。でも、メーカーによって味が違うのでいろんな種類を混ぜながら食べています。
それが、一つ目の便秘にいいことかもしれません。

 

もう一つは、全く運動をしたことがなかった私が、社会人になってから、テニスに始まり、スキー、そして今は、スポーツジムに通っています。
もうかなり長くなりました。あんなに運動嫌いが、いまや、ダンス好きにもほどがあるほどまでになってしまいました。
三度の食事より、ダンスが大好きになってしまいました。お陰で、タンスはダンス衣装でいっぱいになっております。
たまに、ヨガやランニングもやっております。最近はママさんバレーボールもかじっております。

 

そんなこんなで、一週間に何度も運動しております。でも、本当に運動が便秘に効くんでしょうか。
考えてみると、運動することで腹筋が鍛えられたり、インナーマッスルが鍛えられたりしてるのは、確かです。
それも理由の一つだと思いますが、それより、運動することで、水分補給が必ず必要になります。

 

汗を必ずかきますから、何度も水分を摂ります。

 

でも、職場などでは、汗もかくことがありませんよね。水分を補給するといっても量的には少ないのかもしれません。
そう考えると、運動と水分の補給に関係があるのではないかと思うのです。

 

激しい運動が、得意でなくとも、ちょっとした運動をして、水分補給してみてはいかがでしょう。
最近、いろんな研究により便秘が非常に恐い病気を引き起こす原因となっているというんです。

 

毎日の便秘が身体をむしばんでいるんです。便秘になると便が腸に停滞します。そうすると腐敗してくるんです。
腐敗することによりガスを発生させたりします。それがまた進むと、アンモニア、アミンなどを発生させます。

 

これは、なんと肝臓の負担となるんです。他の臓器にも迷惑がかかったり、がん細胞も作り出したりと、恐ろしいことばかりです。
そのためにも、食生活や運動など普段の生活を見直してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ